Google XML Sitemapの使い方|サーチコンソールでサイトマップを送信する方法

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)にサイトマップを送信することで、あなたのサイトの更新情報をクローラーに見つけてもらいやすくすることができます。

今回はサーチコンソールへのサイトマップ送信を簡単にしてくれるプラグイン「Google XML Sitemap」のインストール方法とサイトマップの送信方法を解説していきます。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

Google Search Consoleに送信する「XMLサイトマップ」とは

XMLサイトマップとは「検索エンジンにサイトのコンテンツ構成を伝えるXML形式のファイル」のことです。

グーグルの検索エンジンにサイト(ブログ)の更新情報を反映するには、クローラーにあなたのサイトのファイルを収集してもらう必要があります。

クローラーはXMLサイトマップがあることでサイトの更新情報を収集しやすくなります。

クローラーとは

インターネットを歩きまわって情報を収集するロボット

クローラーに更新情報を自動的に収集してもらいやすくする方法として、「WebSub/PubSubHubbub」というプラグインを利用する方法や、Google Search Consoleに手動でインデックス登録する方法については、別の記事でもご紹介しました。

【ワードプレス】インデックスが遅い!と感じたら導入すべきプラグイン 【サーチコンソール】所有権の確認をHTMLでやる方法|登録から丁寧に

Google Search Consoleに「XMLサイトマップを送信する」ことで、あなたのサイトの更新情報がタイムリーにクローラーに収集してもらいやすくなると理解するとよいでしょう。

【Google XML Sitemapの使い方】グーグルサーチコンソールでのサイトマップ送信のやり方

ここから先はすでにGoogle Search Consoleに登録が完了した前提で説明していきますので、まだつ録ができていない方はこちらの記事を参考に登録を済ませてくださいね。

【サーチコンソール】所有権の確認をHTMLでやる方法|登録から丁寧に

Google XML Sitemapのインストール

ワードプレスのダッシュボード画面にログインします。

新規にプラグインをインストールするときは、「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

プラグインの検索窓に「Google XML Sitemap」をコピー&ペーストし検索します。

「今すぐインストール」→「有効化」をクリック。

Google Search Consoleにサイトマップを送信する方法

ダッシュボードメニューの「設定」→「XML Sitemap」をクリック。

サイトマップのURLをコピーする。

グーグルサーチコンソールにアクセスし、「サイトマップ」のタブをクリック。

先ほどコピーしたサイトマップのURLを貼り付ける。「送信」をクリック。

きちんとサイトマップが作成できていれば、「成功しました」と表示されます。

もし「取得できませんでした」と表示された場合は、入力したURLに間違いがないか確認し、再度「送信」してみてください。

時間をあけてページを更新すると「成功しました」にステータスが変更されることが多いようです。

以上でサイトマップの送信は完了です。

最後に

今回ご紹介した手順にそって、Google Search Consoleにサイトマップを送信することで、あなたのサイトの更新情報をクローラーに見つけてもらいやすくすることができますので、必ずやりましょう。

ブログ初期の段階では、いまやっている設定がどれほど重要なことか理解するのが難しいかもしれませんが、あとになってその重要性が認識できるようになります。

まずは当サイトの「ブログの作り方」に沿ってブログを構築していってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください