【グーグルアナリティクス】アクセス数から自分を除外する簡単な方法

Googleアナリティクスを正確に使いこなすには、「自分のパソコン、スマホ、タブレット」でサイトにアクセスした際にアクセス数としてカウントさせないことが重要です。

ブログ初期のアクセスが少ない時期に「自分を除外」しておかないと、自分でアクセス数を稼いでいるのにそれに気づかず、から喜びすることになりかねません。

今回はサイトのアクセス数から自分の使っているデバイスを除外する簡単な方法についてご紹介していきます。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

【Googleアナリティクス】アクセス数から自分を除外する方法

当然ですが、ブログ記事のチェックやレイアウトの変更をするたびに、あなたは「あなた自身のサイト」を訪問することになります。そしてブログ初期は自分の訪問数がアクセス数の多くの割合を占めることになります。

しかし、Googleアナリティクスの分析を正確に行うには「アクセス数から管理者のアクセスを除外」する必要があります。

今回は「自分のアクセスを除外する」方法として、2つの方法をご紹介していきます。

お好みに合わせて、設定を行ってください。

IPアドレスで除外する方法

キイチくん

IPアドレスって、何か難しそうなんだけど…。

IPアドレスとは「全てのデバイスに割り当てられた識別番号」のことです。

よくテレビドラマとかでもハッキングしてきたパソコンの「IPアドレス」を調べるシーンがあったりしますよね。

下記のサイトにアクセスすることで、「自分のIPアドレス」を簡単に調べることができます。

自分のIPアドレスを調べる

これで自分のIPアドレスが分かりました。

それでは、Googleアナリティクスにアクセスしましょう。

「管理」→「フィルタ」をクリック。

「フィルタの追加」をクリック。

「フィルタ名」を入力し、「カスタム」タブを選択。

「フィルタフィールド」を「IPアドレス」に変更し、フィルタパターンに「IPアドレス」を入力する。

入力が完了したら「保存」をクリックで、設定は完了です。

注意

1つのインターネット回線を複数のデバイスで使用している場合は、パソコンでもスマホでも同じIPアドレスになります。(Wifiルーターに接続している場合など)

しかし、スマホをモバイル通信で使用した場合は、IPアドレスが変わりますので別途IPアドレスを調べて設定する必要があります。

Google Chromeの拡張機能で除外する方法

Google Chromeをブラウザとして使っている場合は、「拡張機能」をインストールすることでも自分のアクセスを除外できます。

Google Chromeに「アナリティクス オプトアウト」アドオンを追加する

「Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロードする」をクリック。

「Chromeに追加」をクリック。

ポップアップが出てくるので「拡張機能追加」をクリック。

Google Chromeの右上の箇所に「Analyticsオプトアウト」が追加されていれば、インストールは完了です。

注意

「アナリティクス オプトアウト」はGoogle Chromeを使って自分のサイトのアクセスしたときのみ除外してくれます。

その他のブラウザ(safariなど)では除外されません。

最後に

Googleアナリティクスで正確にサイトのアクセス解析を行っていくには、自分のアクセス数を解析に含めないこと重要ですよね。

特に、ブログ初期段階ではアクセス数が0(ゼロ)ということもザラにありますので、実は自分で付けた足跡を解析していた…ということがないように注意しましょうね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください