【ブログ】書くのに時間がかかるひと必見!スピードをあげる意識とコツ

ブログを始めた人に共通する悩みは「ブログを書くのに時間がかる」ということです。これは誰しもが感じる悩みですが、どうにか「記事を書き上げるスピードをはやく」することはできないのでしょうか。

この「ブログを書くのが遅い」問題は、放置しておけば「ブログを書くことが面倒だ」に変わり、「ブログを継続できない」という負のループに陥ってしまう可能性も秘めています。

今回は「ブログを書くのが遅い原因」を知り、ちょっとの「意識の変革」でスピードをあげられるポイントや具体的な「コツ」についてご紹介していきます。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

ブログを書くのに時間がかるのはなぜ?

そもそもブログを書くのに時間がかかってしまうのはなぜでしょうか?

有名なプロブロガーが言うには、「1記事あたり30~1時間半」が平均のようです。

もちろん、作っているブログのテーマや記事、そしてアフィリエイトの手法によって1記事あたりにかかる時間は様々です。

しかし、どのブロガーにも共通している望みは「少しでも時間を短縮できないか?」ということです。

まずは、ブログに時間がかかる理由や原因として代表的なものをご紹介しますので、ご自身にも当てはまるかどうか、見つめ直してみましょう。

書いている途中に脱線するから

ブログ初心者に最もありがちな「ブログを書く時間がかかる理由」は、「執筆中に脱線するから」です。

これは、ブログ記事全体の構成を最初に考えないことによって起こってしまいます

特に、調べごとをしながら書いている人は、リサーチしているうちに「新しい情報」が次から次へと入ってきますので、当初予定していた記事内容からずいぶんと脱線してしまうことも多いようです。

当初書こうとしていた内容から脱線してしまうと、ブログタイトルと本文の乖離(かいり)が発生し、結果的にユーザーに最適な情報を届けることができなくなってしまいます。

また、「ブログタイトル」を記事本文の執筆後に書くようなマネも絶対にやめましょう。

なぜなら、ブログで最も大切なことは「ブログの記事タイトル」だからです。

どんなに素晴らしい内容の記事であったとしても「記事タイトル」の「キーワード選定」が間違っていれば、あなたの記事は誰にも読まれずに、ネットの海に埋もれてしまうことになります。

したがって、本文を書きはじめる前には「記事タイトルを決める」→「内容の構成を考える」ステップを必ず踏むようにしましょう。

そして、一度書きはじめたら最初に決めたシナリオからは「絶対に脱線しない」ことです。

もし、執筆中にリサーチして「新たに仕入れた情報をどうしても入れたい」場合は、それをテーマにしてまた別の記事を作ることをオススメします。

ブログ記事の基本は「狭く深く」ですから、その方が「SEO的にもユーザー的にも最適なコンテンツ」となる可能性が高いです。

タイピングが下手くそだから

ここでいう「タイピングが下手くそ」とは「タイピングが遅い」という意味ではありません。

タイピングが遅くても「Google日本語入力」を上手に使うことによって、タイピング速度を格段にあげることができます。

ポイントは「全ての文章を打ち込む」のではなく、Google日本語入力で表示される「予測変換」をうまく使うことです。

例えば、「タイピング」という言葉1つ入力するにしても、「たいぴんぐ」と5文字を打ち込んでカタカナ変換するのではなく、「たい」と打った時点で予測変換に表示される「タイピング」を選択するということです。

もちろん選択するときは、「マウス」をいちいち操作するのではなく、「矢印キー⇩」と「Enterキー」のみで完結しましょうね。

Google日本語入力の具体的なインストール方法や使い方については、以下の記事を参考にするといいですね。

Google日本語入力の使い方|もはやタイピング練習いらない

圧倒的にインプットが少ないから

「どんな文章を書けばいいか分からない」人の多くは、圧倒的に「インプット量が少ない」場合が多いです。

インプットとは、他人の文章(ブログ)を読むということです。

特に、実際に多くのアクセスを集めているような「ブロガー」や大金を稼いでいる「アフィリエイター」の文章をとにかく読みましょう。

読む時は、小声でもいいので「音読(おんどく)」するといいですね。

何度も何度も「売れる文章を書いているひと」のうまい文章に触れることで、ブログ全体を通しての「文章の型」が自然と身についていきます。

毎日ブログを書いていないから

実は、毎日ブログを書いていると「ブログを書くスピード」はたいして気にならなくなります。

もちろん、「今日は昨日よりも1記事多く、2記事仕上げよう」とか目標を持って書き始めますが、ある程度の数をこなすと「これ以上は早くならないな」と分かってきます。

あなたが今「ブログを書くのに時間がかかる」と悩んでいるとしたら、それは「時間を縮めるチャンス」ですね。

まずは今回ご紹介するような「スピードアップの取り組み」をいろいろと実験して、できるとこまで縮めてみてください。

極論かもしれませんが、できること全てやったら「諦めて」時間は気にならなくなります。

また、毎日ブログを書いていると「ブログを書きはじめるまで」が早いです。

少し話はそれますが、筋トレしていない人って、1回の腹筋をするのに「せーの、ふーんっ!」ってイチイチ気合い入れないと起き上がれないじゃないですか?

あのイメージに近いですね。

たまにしかブログを書いていないと、どうしても書きはじめる前に「タメ」が必要になります。

もしくは、いつもブログを書いていない人は「ブログスイッチ」が切れているとも言えます、

機械の起動と同じで、毎回「その電源」を入れるまでに、どうしても時間がかかってしまいます。

毎日書いている人は「ブログスイッチ」が「常時ON」になっていますから、ソッコーですよ。

今一度、あなたもブログを書き始める前に、次のような行動パターンをとっていないか見つめ直してみてくださいね。

「パソコンの前に座る」→「アナリティクスで前日のアクセス数を見る」→「Twitterでツイートをチェック」・・・、(ようやく)→「ワードプレスを開く」

毎日ブログを書いている人は、椅子に座ったら「スッ」とブログを書きはじめていますよ。

「1記事だけ」書こうとしてるから

ブログを毎日継続しようとすると、どうしても「ブログの記事数」を「ノルマ化」してしまう傾向があります。

もちろん、「最低1記事は必ず書こう」と決めることは悪いことではありません。

それが「望む未来への行動」であることを毎日意識づけできるからです。

しかし、この「ノルマ」は「1記事書いたから今日はもういいや」と言い訳にもなってしまう可能性があります。

ブログを書き始める前から「1記事だけ書こう」のスタンスの人と「2記事書こう」と決めている人では、「1記事目の向き合い方」が全く異なります。

1記事の人にとっての1記事目は「ゴール」ですが、2記事の人にとっては「まだ半分」だからです。

次のタスクが控えていると、「時間への意識」が高まりますので、1記事目のライティングを効率的にこなすことができます。

ちょっと実験

1日1記事しか書いていない人は、試しに2記事にしてみてください。

1記事目のスピードが上がるはず。

ブログを書くスピードを上げるコツ

ここまで、「ブログを書くのに時間がかかる原因」と「ちょっとした改善案」をご紹介しました。

ここからは、具体的に「書くのが遅い原因分析の方法」や「スピードをあげるコツ」について様々な角度からご紹介していきます。

ブログを書く前にできること

ブログの執筆前に「簡単にできる」スピードをあげる方法について、5つの提案があります。

1,ブログを書くまでの流れを書き出してみる

2,何に時間がかかっているのか計測する

3,サブモニター(サブディスプレイ)を買う

4,作業終わりの時間を決める

5,ノートや紙に書きなぐるのもアリ

1~5の内容について、1つずつ掘り下げていきましょう。

ブログを書くまでの流れを書き出してみる

あなたがブログを書くまでの流れを一度書き出してみましょう

ここでは一般的な流れを記載しますが、もっと細分化した方がより効果的な分析ができます。

「ブログのネタ選定」→「キーワード選定」→「タイトル付け」→「記事構成」→「序文」→「本文」→「まとめ」→「画像を選定」

ブログ記事を書く流れを書き出してみると、あなたが「どのようなステップで執筆しているか再認識する」ことができます。

執筆中は、「今どのステップにいるか」意識することで、テンポよく作業を進めることができます。

何に時間がかかっているのか計測する

「ブログに時間がかかる」「ブログを書くのが遅い」と感じている人に限って、実際に時間を計測していない人が多いです。

「なんとなく、時間がかかっている気がする」という感覚的な認識レベルでは、悩みを改善することは難しいです。

前項で紹介した「書き出したステップ」ごとに、それぞれ何分の時間がかかっているか計測してみましょう。

スマートフォンのタイマーを使うといいですね。

時間がかかっているステップによって、時間を縮められる工夫は変わってきます。

何に時間がかかっているか「知る」だけでも、確実にスピードは改善します。

サブモニター(サブディスプレイ)を買う

これまで紹介した「意識付け」とは異なりますが、私自身が「最も効果的」と感じた「スピードをはやくする方法」はサブディスプレイを買ったことです。

サブディスプレイを買うまでは、ノートパソコンの小さな1画面で作業しており、「ページの切り替え」や「アプリの切り替え」にイチイチ余計な時間がかかっていました。

サブディスプレイなら「マルチタスク」が可能になるので、「時短」に役立ちます!

よくサブディスプレイをPCと横並びで使用している方が多いと思いますが、ブログを書く場合は「タテ2画面」が使いやすいです。

なぜなら、横に首を振る必要がないからです!

目の移動だけで済むので、「肩こり」も軽減できておすすめです。

私の使用しているサブディスプレイは「iiyama Prolite XUBシリーズ23型」で、サブディスプレイの高さを自由に調整できるので重宝しています。

ちなみに、90度回転させて縦にしても使えます。

もっと値段の安いディスプレイもありますが、モニターの「高さ調整」ができないと、「ディスプレイ台」を別途買わなくてはいけませんので、注意が必要です。

作業終わりの時間を決める

どんな仕事にも当てはまりますが、「期限」のない仕事は効率が悪すぎます

ブログ記事を書くときにも、きちんと「期限」を設定しましょう。

期限の設定で重要なことは、「実現可能な期限」を決めることです。

具体的には、まずは現在の時間を計測して、そのかかっている時間から「5分ずつ」縮めていくといいですね。

初めから「30分」とか「1時間」と時間を決めるよりも、前回の自分を超えるような目標がもっとも賢い設定方法です。

ノートや紙に書きなぐるのもアリ

ブログに時間がかかる人の中には、「頭の中がぐちゃぐちゃ」で整理ができず「何からしていいのやら」となってしまう人もいます。

そんなときは、自分にしか読めない字で良いので、「頭の中にあること」をひたすらノートや紙にかきまくりましょう!

全て出し切りとスッキリして、視界がひらけるはずです。

私も非常に不思議に思っていますが、「タイピング」と「手で文字を書く」のは全然違うんですよね。

タイピングするときは「頭で文章を整理してから、打ち込んでいく」イメージですが、手で文字を書いていると、「勝手に言葉が出てくる」ことがあります。

「前の言葉につられて次の言葉が出てくる」イメージですね。

これ以上言うと「ちょっとヤバイやつ」と思われそうなので控えますが、「手が止まったら、ノートに書いてみる」をぜひ試してみてください。

ブログ以外の時間で意識すること

ブログを書く時間を短縮するために、「ブログを書いていない時間を有効的に使う」というアプローチもあります。

記事を書くことはすなわち「アウトプット」することです。

なぜなら、「執筆」とはあなたの中にあるモノを「文章」に召喚することだからです。

ここからは「アウトプット」を「効率的に」するコツをご紹介していきます。

思いついたことはメモしておく

「思いついたこと・感じたことをメモにする」を習慣にするだけで、劇的にアウトプットの質が変わります。

人は良くも悪くも「すぐに忘れる」生き物ですから、「あっ!」と思いついた瞬間に記録しておきましょう。

今はメモ帳を持ち歩く人も少ないかと思いますので、「スマホのメモ機能」を使うといいですね。

私はよく移動中の電車やバスで思いつくことが多かったのですが、そんな時は「自分のメールアドレス宛にメール」していました。

「自分から自分へのメッセージ」ですね。

他の方法として、ビジネス仲間に教えてもらったすごく便利な方法は「LINE」を使う方法です。

「自分ひとりだけのLINEグループ」を作って、「そのグループをお気に入り」にします。

すると、常に「トーク画面の最上位に表示」されるというのです!便利すぎて驚きました!

ここに、気づいたことやメモを記録しておくのいいですね。

集中力が高い時間帯に書く

あなたは、1日の中で最も集中力が高い時間帯を知っていますか。

一般的には「午前中」が最も集中力が高いと言われています。

それはまだ「頭がスッキリ」しているからです。

少し専門的な話をすると、集中力の源は「ウィルパワー」と呼ばれています。

ウィルパワーは「前頭葉で思考や感情をコントロールする力」ですが、ウィルパワーには量に限りがあり、いかに効率的に使うかが重要です。

そして、ウィルパワーは睡眠で回復させることができるため、最も「集中力がある時間」は「朝起きた時」と言えます。

ブログの他にも仕事がある人も多いかもしれませんが、「朝活ブログ」は最も効率的に人生を変える習慣と言えるかもしれませんね。

スキマ時間にネタ選定・リサーチをする

ブログのアクセスを決める最も重要な作業工程は「キーワード選定」といっても良いでしょう。

このキーワード選定は重要であるからこそ、どうしても時間がかかってしまうものです。

しかし、このリサーチですが「スキマ時間」でも行うことができます。

例えば、仕事のお昼休みにスマホで「ニュースやSNS」見て、気になったことがあれば「ネタとして使えるかどうか」実際に検索エンジンで調べてみるのです。

もし、検索してみて「ライバルが少なかったら」これで「キーワード選定」は終了です。

このように「スキマ時間」に「キーワード選定」まで済ませておくことができれば、パソコンの前に座ったと同時に記事構成を考え、本文の執筆をはじめることができます。

「キーワード選定」までは難しくても、「どんなネタでブログを書こうか(ネタ選定)」までは確実にスキマ時間でやりましょう。

スピードをあげるよりも、ブログを書く時間を捻出できないか?

今回ご紹介している「スピードをあげるコツ」をいくつか試した上で、それでも「時間がかかる」場合は、「そもそものブログに当てられる時間」を捻出できないか振り返ってみると良いでしょう。

「夕食のあとにぼんやりとテレビを見ている時間」はありませんか?

起床時や就寝前に「SNSをチェック」していませんか?

電車の待ち時間や仕事のお昼休みに、スマホゲームで遊んでいませんか?

行きたくもない飲み会に誘われて、「付き合いが悪い」と思われたくないからと夜遅くまでお酒を飲んでいませんか?

上記の質問の1つでも当てはまるものがあれば、「改善の余地あり」です。

少し厳しい言い方ですが、これらは「あなたの人生を豊かに」してくれません。

しかし、ブログを書くことで「人生が好転する」可能性はあります。

ブログを書くときに意識すること

ここからは、いよいよ「ブログを書く時」に「時間短縮」で意識することをお伝えしていきます。

知ったかぶりして書かない

「知ったかぶり」とは、「知らないのに語る」ことです。

ブログは「アウトプット」ですから、あなたの中にないものは書けません。

知識の浅い分野の「ネタ」を書こうとすると、当然ですが「インプット」が必要になります。

そして、知識が浅ければ浅いほど、「インプット」に時間がかかります。

そして、「ちょっとの時間インプットして作った記事」は「他のサイトの情報をかき集めてリライトした」ような記事になるでしょう。

Googleは「独自性のあるコンテンツ」を好みますので、「多くの時間をかけてインプットしたのに、たいして評価もされない」ことに時間を使っていることになります。

このような話をすると、「私に専門的に語れることなんてない」と思うかもしれません。

そこで、今回は「独自性」を簡単に演出するコツを1つご紹介します。

それは「あなたの実体験をふまえた考え」や「あなたの好きなこと」を熱く語ることです。

もっとハードルを下げると「興味のあるテーマを書くこと」です。

アフィリエイトなら「ハゲた悩みもないのに、育毛の分野を語るな!」「脱毛に興味もないのに、脱毛をすすめるな!」ということですね。

このように「自分にはこのテーマを語る資格があるか?」を考えることは非常に重要で、「自然と考えが湧いてくるようなテーマ」を選ぶようになるため、結果として時間短縮に繋がります。

構成を初めに考える

「書きはじめる前に構成をきちんと考えましょう」という話はよく聞いたことがあるのではないでしょうか。

小論文や作文もそうですよね。

「アウトライン」はざっくり決めて、あとで修正しましょう。

ここでは、今回の記事を書きはじめる前に作った「アウトライン」をご紹介しておきますね。

気づいた方もいるかもしれませんが、画像のアウトラインから「実際にかきあげた記事」は内容が変わっていると思います。

「アウトライン」は「ざっくり」がポイントで、あとは書いてて「違うな」と思ったら、変更すれば良いのです。

質より作り上げることを重視

最初に書き上げる段階で、ブログ記事の質は「20%」で問題ありません。

初めから100%完璧な文章を書こうとすると、時間があっても足りません。

そもそも、そんなに一生懸命書いてもアクセスがなければただの「ゴミ記事」となってしまいます。

リライトを前提に、まずは書き上げることが重要です。

アクセスがあったら、さらに「肉付け」していけばいいじゃないですか。

ブログ初期のころは、「キーワード選定」も下手くそなので、まずは「本数」をこなすことにフォーカスした方がいいですね。

仕事ができる人は、「指示された仕事は80%くらい」で一度上司に確認する、とよく聞きますね。

毎回、同じ手順で書く

「毎回、同じ手順で書く」ことは難しいですが、非常に重要です。

「アイキャッチ画像」は最後に選ぶと決めているなら、「今日は気まぐれで最初に選ぶ」とかやっちゃいけません。

必ずいつも同じルーティンでブログ記事を仕上げるようにしてください。

これだけで、かなり効率化されるはずです。

スポーツ選手も同じルーチンでパフォーパンスしているのと一緒です。

そのためには、前項でご紹介した「手順を書き出す」プロセスが必要になってきますので、まずはそこから取り組みましょう。

最後に

今回は「ブログを書くのに時間がかかる」ひとを対象に、スピードをあげるコツをご紹介しました。

ご紹介した中には、精神論的な「意識のコツ」も多くあったと思います。

しかし、「ブログをはやく書ける人と同じ意識」で持つことができれば、確実に早く書けます。

すべてに取り組むことは難しいと思いますので、まずはご紹介した中で「できそうなこと」を1つピックアップして、取り組んでみてください。

そして、定期的にこの記事を振り返って「まだできることはないか?」と見つめ直す機会を持てば、絶対に早くなると断言できます。

ぜひ、トライしてみたご感想も教えていただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください