ブログが3ヶ月も続かない理由は3つ|継続力を生み出す解決方法

ブログマネタイズの1番の壁は「継続」です。正しい方向性で継続ができれば、必ず結果があとからついてくるのが「ブログの良さ」だと思います。

しかし、ブログを継続できずに脱落していく人がほとんどです。

今回は、「手が止まってブログを放置している」「ブログを書くモチベーションがあがらない」そんな悩みを解決するヒントをお伝えしていきます。

また、これからブログを始めようと思っている人もいつか必ず「続けることの辛さ」を感じる時が来ると思いますので、そのときはこの記事の存在を思い出してくださいね。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

ブログが3ヶ月も続かない理由は3つ

私の考える「ブログが続かない理由」は次の3つです。

・なんとなくやる気が出ないから

・今やっていることに意味を見いだせないから

・ブログを書くことを過大評価しているから

もちろん、この3つ以外にも「個別具体的な仕事や家庭の状況」によって、「気持ちがついてこない」理由は様々でしょう。

今回は、私の挫折の体験をふまえて、この3つにしぼりました。

それぞれについて掘り下げて見ていきましょう。

なんとなくやる気が出ないから

「なんとなく書く気がおきない」という理由で続かない場合が1番多いのではないかと思います。

私にもそんな時期がありました。

「自分の将来を考えると、やった方が良いのはわかっている。でも気が進まない。」

きっと、「もやもや」しているけど、明確な理由なんて自分でわからないと思います。

今やっていることに意味を見いだせないから

ブログへのモチベーションがあがらず、不安な気持ちが続いていくと、次第に「こんなこと続けていて果たして、意味があるんだろうか?」と感じ始めます。

「ブログで稼げる」っていうけど、「私には無理なんじゃないか?」「本当に稼げれるのは一部の継続できて前向きなひとだけ」そんなふうに感じているかもしれませんね。

このようにブログを続けていくことに意味が見いだせなくなってしまうと、「やっても無駄だ」と思い、手が止まってしまうことでしょう。

ブログを書くことを過大評価しているから

実は私も「ブログに挫折して、記事更新ができない1ヶ月」がありました。

その時に「なぜ書きたくないのか?」と掘り下げていったところ、「書いてもアクセスが来なかったら、意味がない」と思っていることが原因と分かりました。

今振り返ってみると、それって「たった1記事」書くことを「過大評価していた」んだと気づきました。

どういうことかと言うと、「こんなに頑張って書いた記事なのに、まったくアクセスが来ない」という状況を受け入れられなかったのです。

自分が書いた記事は「きっと成果が出るもの」そうやって、たかだか「1記事」書いたら、人生が変わるような大きな成果が得られると勘違いしていました。

プロ野球の世界でどんなにヒットを打つ選手でも、1年間を通して見れば、打率3割です。

でも、私は打率10割であることが当然だと思って書いていました。

継続力とモチベをあげて成果を出す方法

「ブログが続かない」、「ブログへのモチベーションが上がらない」理由はさまざまだと思いますが、これからご紹介する「質問」を自分自身に再度投げかけてみてください

その答えを大切にすることで、ブログを続けることの尊さや意義を再確認できるはずです。

「何のために」ブログをはじめたの?

ブログに限らず、「何のために」ってすごく大切な考え方です。

「ブログを始めよう」と決めた時って、必ずそこには「動機」があったと思います。

動機は「他人のため」なんかじゃなくて、もっと根源的な欲求に近いものがあったと思うんです。

例えば「今の会社を辞めたい」とか「お金を稼いでラクに生きたい」とか。

私の場合は、「会社をやめたい」の気持ちが強かったですね。

とはいっても、会社では幸運なことに、上司が「どんどんチャンスをくれる」タイプだったので、キャリアとしての不満はなかったんです。

ただ、「このまま同じ会社に40年も居続けることへの漠然とした不安」みたいなものがあったんですよね。

もう1つは、2年くらいずっと田舎へ移住したいと思っていたんですが、「田舎には仕事がない」という悩みがありました。

厳密に言うと「割に合う仕事」といった方が正しいですね。

どうしても給与ベースは下がりますし、今までの給与を維持しようとすると、必然的に休みがなくなるような求人しかありません。

それに、田舎に移住して「キャリアを作る」なんて不可能とさえ思っていました。

そんな時に「ブログマネタイズ」を知って、「会社を辞めるにはこれしかない」と思ったんです。

なぜかって、私は結構「ビビリ」なんですよ(笑)

そんな無謀に収入も確定していないのに、「ええい!」とイキオイだけで飛び込めないタイプなので。

でも、「ブログを書くのを辞める」=「会社員としての人生を歩む」ことを自分で選択したことになるって分かっていたんです。

念押ししておくと、別に「会社員がダメ」とか言いたいわけじゃないですよ。

ただ、「ブログを諦める」って「自分の過去の決意とか、自分のこうなりたいって思いに嘘をつくこと」になるじゃないですか。それでいいのかなって立ち止まりました。

ブログで成果を出すことで周りはどう変わる?

ブログで生活できる水準の収益を得ていくことができれば、あなたの人生だけでなく、あなたの周りの人の人生にも大きな影響を及ぼします

私の場合は「ブログで稼ぐ」=「夫婦の理想のライフスタイルに近づく」ことを意味していたんです。

企業に頼らず、個のチカラで稼ぐことができれば「住みたい場所に住むことができる」わけですから。

つまり、私1人だけでなく妻の人生(二人の人生)が大きく変わったんです。

さらに、私の場合は、ブログマネタイズの「コンサルティング」を受けていましたから、「メンター」の存在がありました。

もちろん、最初にお金はお支払いしていますから、メンターはビジネスとしての対価を既に受け取っていると言えます。

しかし、「私が成果を出すこと」は、その「メンターの成果」にもなるんです。

だって、「自分で稼いでいる人」よりも「他人を稼がせている人」に習いたいじゃないですか。

自分の頑張り次第で、メンターの幸福にも繋げることができる。

だからこそ、私のメンターも私が成果を出した時には、自分のことのように喜んでくれました。

そして「松岡さんなら、最初からできると思ってましたよ。」とクールに言われたときには、「自分のことをこんなに信じてくれる、この人についてきて良かった」と思いました。

どうすれば楽しくできる?

どうせやるなら楽しくやろう。

こうした考え方をできる人の人生はとても豊かだと思います。

仕事でいうなら、「やりがいを見つける」という言葉が近いかもしれませんが、私の「楽しもう」というのはもっと「ライト(Lignt)な気分」のイメージです。

あなたは「楽しむコツ」知ってますか?

それはやる前に「何があっても楽しむ」と決めることです。

「何があっても、ブログを上機嫌で書く」

どんなにやる気がなくても、リズムに乗りながら、ニコニコしながらパソコンの前に座ってワードプレスを開いてみてください。

聞いたことがあるかもしれませんが、「行動が先で、感情は行動にあとづけ」なんです。

「楽しくブログを書く」を習慣化することで、「ブログを書きたい自分を作る」という訳です。

ポイントは「上機嫌でいること」ですが、「ゲーム化」してもいいですね。

例えば「時間を計測して、記録を更新することをゲームにする」とか。

とにかく、「どうすれば楽しくできるか」何度も自問することです。

やらないと決めてもいいんじゃない?

もし、どうしてもブログにやる気が起きなかったら、「やらない期間」を決めると良いです。

「やらなきゃいけない」と思って「やらない」から自分を苦しめているんです。

「やらなきゃいけない」なんてことはありません。

ただ、ここで言っているのは「ブログをやめる」こととは違います。

きちんと期間を決めて、「この期間はやらない」と決めることです。

私もブログ開始3ヶ月ごろに挫折して、もうやりたくなくなりました。

その時は「今月はやらない」って決めたんです。「やりたい」って思う時以外は「やらない」って。

そしたら、すごく楽になりました。

そして、そのうちだんだんやりたくなってきますから。

その時に再開して、また歩き始めればいいじゃないですか。

最後に

今回は、ブログが続かない理由とその状況を打開する思考法をご紹介しました。

「手が止まってブログを放置している」「ブログを書くモチベーションがあがらない」そんな悩みを解決するヒントが見つかりましたでしょうか。

ご紹介した他にも、いい方法や体験談などありましたら、ぜひコメントしていただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください