マインドセットとは|わかりやすく解説!精神論もバカにできない

自分でビジネスを始めると、「マインドセット」という言葉をよく耳にするようになります。

「マインドセット」とはいったいどういう事なのでしょうか。また、なぜマインドセットがビジネスで大切なのでしょうか。

今回は、「稼ぐマインドセットを身につける」ことの重要性について解説していきます。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

マインドセットとは|わかりやすく

マインドセットとは「心のあり方」「姿勢」のことです。

自分の「思考の軸」とも言い表せます。

マインドセットの大切さを感じる逸話

よく「マインドセット」の事例として、次のようなたとえ話が持ち出されることがあります。

 【有名な事例】靴を販売する営業マンの新規開拓(市場調査)の逸話

2人の営業マンが、上司からアフリカへ靴の市場調査へ行くように命令されました。当時アフリカではまだ靴を履いて生活する習慣がなく、ほとんどの人が裸足で生活をしている状況に、2人の営業マンは同じように驚き、上司への報告書を作成しました。

このうち1人の営業マンは上司に対して 「この地域では誰も靴を履いていないため、靴の需要はなく販売は困難です。」と答えたのに対し、もう一人は 「みんな裸足で生活しており、今なら市場を独占できる絶好のチャンス」と答えました。

この逸話は「誰も靴を履いていない」という事実を「どう捉えるか?」は、心のあり方によって変わるということを例えたものです。

サラリーマン思考とビジネス思考の違い

先ほどの「アフリカの市場調査」の事例において、もし「チャンス」と捉えなかったら、「市場を独占できた可能性」を失っていたかもしれません。

しかし、サラリーマン的思考で先ほどの事例を考えた場合は、どちらの営業マンも正しくないと私は思います。

なぜなら、「チャンスがある、なし」にかかわらず、「そう判断した数値的根拠」を示すことが上司が市場調査の仕事に求めていたことだと思うからです。

例えば、「誰も靴を履いていない」とは、どれだけの地域をリサーチした結果なのか、市場を独占できると言うが、輸送コストやアフリカ人の生活の中での需要、靴の販売価格を考慮しても「収益がある」といえるのかといったことです。

このように、サラリーマン的な思考だと「上司が求めていること」のだいたいの「正解」が想像つきますが、残念なことに、ビジネスには「正解」はありません。

ビジネスは「10回やって1回当たれば良い方」とも言われているほど、「やってみないとわからない」世界なのです。

そう考えると、自分が事業を展開している立場なら、市場調査を丁寧にするよりも、スピード感をもって、事例のように「チャンスをとらえてみること」が、ビジネスにおいては必要なマインドセットと言えます。

これから、ビジネスで稼いでいくには「稼ぐためのマインドセット」が必要です。

そして、この事例で覚えておいて欲しいことは「事実は1つ、見方は2つ」ということです。

日常でもビジネスでも、私たちは日々、次から次へと「選択」を迫られています。

そのときに、「状況を俯瞰(ふかん)して、逆の視点ではどうなる?」と考えることで、打開策が見つかる可能性があることを覚えておいて下さい。

ネガティブな人間は成功できないのか

「心のあり方」と聞くと「ポジティブ」とか「前向き思考」といったイメージがあるかもしれませんが、ネガティブな人間は成功できないのでしょうか?

私はむしろ、根は「ネガティブ」で「不安になりやすい」タイプの方が成功しやすいのではないかと思います。

もちろん、「稼ぐマインドセット」を身に付けることができれば、の話ですが。

なぜなら、ネガティブは「最悪な場合を想像できる能力」を持っていると言えるからです。

つまり、事業における「リスクを想定し、引き際の線引ができる」とも言えます。

また、不安症は「質を高めること」に繋がります。何度も何度も不安だから、「商品やサービス」を見直すことは非常に重要なことです。

しかし、ここで言う「ネガティブ・不安」とは、「自信がない」という意味とは違います。

自信がない人は今後紹介するマインドセットの動画で「自信の付け方」を一緒に勉強していきましょう。

ノウハウはマインドセットがあってこそ

あなたが成功できる最も簡単な方法は、「成功している人と同じ方法」を同じようにやることです。

ところが、料理のレシピが分かっていても「プロと同じ味にならない」ように、ビジネスもノウハウだけでは「成功」できません。

そして、逆もしかりで、どれだけ立派な「マインド」があっても「正しい方法」がわからなければ成功に時間はかかってしまうでしょう。

つまり、理想は「ビジネス」を学びながら、「マインド」を培っていくことです。

「マインド」は学んで、育てるものだと思っています。

マインドは実践して、初めて身につくものだからです。知っているだけでは、何の意味もありません。

マインドセットの基本姿勢

マインドセットの基本は、3つあります。

マインドセットの3箇条
  1. 「新しい考え方を受け入れること」
  2. 「周囲の環境を整えること」
  3. 「繰り返し学び、使う言葉を変えること」

いくら「正しい考え」に触れたとしても、その「新しい考え方」を受け入れない限り、全く変化はありません。

問題を作り出した思考で、問題を解決することはできません。解決するには、必ず「変化」が必要です。

また、周囲の環境を整えることも非常に重要です。

なぜなら、マインドセットは周囲にいる人にも伝染するからです。

職場に空気を悪くする人が1人いるだけで「ピリピリ」した険悪なムードになる経験をしたことはありませんか。

他にも、学校の教室も同じです。全員が学ぶ姿勢であれば、良い授業になりますし、一人でも雰囲気を悪くする人がいれば、それは伝染します。

そして、最後に重要なことですが「マインドセット」は簡単に変わりません

それまで長い期間かけて作り上げられたきた思考が今のあなただからです。

あなたは1日の中で誰の言葉を1番聞いていますか?

それは「あなたの言葉」です

人は1日に6万回も思考すると言われています。

その6万回の思考で使う言葉を「稼ぐ人が使う言葉」に変えていかなければなりません。

最後に:成功者の「マインドセット」を自分のものにしよう

多くの成功者は口を揃えて「心のあり方」が大切だと言います。

私もこれまで成功者の「自己啓発本」は数え切れないほど読んできました。

でも、読んだからといって、人生が変わることはありませんでした。

ところが、「マインドセット」を学びながら「ブログマネタイズ」に挑戦すると、驚くほど生活が変わりました

マインド(インプット)はアウトプットありきだったからです。

実践する場がなかったからこそ、「知識の栄養過多」になっていたんですね。

だからもしあなたが今同じような状況なら、「実践するステージ」を自分に用意してあげてください。

実は、マインドセットが最も求められる職種は「インターネットを使ったビジネス」だと言われています。

なぜなら、ビジネス初期は「期待したほど収入を得られない」し、気軽に始められる分だけ、やめることも簡単で「継続」できないからです。

ブログマネタイズという課題を使って、自分自身の心を鍛えながら、経済的にも豊かになれるライフスタイルを一緒に目指してみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください