行動できない理由はなぜ?|行動できる自分をつくる3つの魔法

「やらなきゃいけないけど、行動できない」「やるべきことを先延ばしにしてしまう」それはあなたの意思が弱いからではありません。

今回は、「行動できない人間の特性」を理解し、「行動できる自分を作る方法」を学んでいきましょう。

もし「そもそもモチベーションが湧いてこない」「具体的な行動計画の立て方を知りたい」方はは以下の記事もご参考にして下さい。

参考:モチベーションを上げる方法|人生を変える「ベイビーステップ」の作り方

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

わかっていても行動できない理由

わかっているのに行動できない理由はなぜでしょうか?

3つの原因があると思います。

・やりたい理由を探しているから

・意図的にモチベーションをあげたから

・はじめから完璧を目指すから

やりたい理由を探しているから

面白いことに私たちは、会社の仕事は「やりたくなくても」やるくせに、人生を変えるタスクになると「やりたい理由」がないと「行動」できません。

これは「あなたが弱い人間だから」というわけではありません。

なぜこうなってしまうかと言うと、人間には「恒常性(ホメオスタシス)」が備わっているからです。

無意識に、今のままの自分でいるような行動をとる習性がある。

そして、意識的に「自分自信で自分の尻を叩く」ことほど、難しいことはありません。

だからこそ、他人や環境からの「強制力」が非常に重要になります。

「会社という強制力」「生活できないというプレッシャー」があるからこそ「嫌な仕事も、笑ってやる」わけです。

モチベーションの波に飲まれているから

いつも行動できない人が、重い腰を上げて「動き出す」にはエネルギーが必要です。

理科の授業でも、最初の運動には「多くのエネルギー」がかかることを勉強しましたよね。

その「動き出すエネルギー」として、初めは「モチベーション(やる気)」が必ず必要になりますが、「1度上昇させたモチベーション」は必ず下がるようにできています。

どんなものでも、「上がったあとは、必ず下がる」が基本原則です。

これは「血糖値の推移」に非常に似ていますよね。

図1. モチベーションの時間経過

上の図の通り、モチベーションがMAX値なのは、「お金を払ったとき」や「セミナー受講後」などですよね。

一度あがったモチベーション値は、時間の経過とともに必ず下がっていきます。

このモチベーションをあげることばかりに気を取られ、1度上昇したモチベーションをコントールする技術がないから、その波に飲まれてしまうのです。

はじめから完璧を目指すから

行動できない人には、共通点があります。

それは「完璧主義」ということです。

はじめから「100点」を目指すことを私たちは学校教育の中で叩き込まれてきました。

できる限り、失敗をせずに「クールに」できることこそ「美学」だと教え込まれました。

日本という国自体も「失敗」に非常に厳しい風潮がありますよね。

そんな環境の中でビジネスを始めると、最初から「間違えないように」やろうとするんですよね。

だから、最初の1歩が時間がかかるし、動き出すときにはモチベーションが冷え切っていることさえあります。

行動できる自分をつくる3つの魔法

行動できない理由は分かりましたが、ではどのように「行動できる自分」を作っていけば良いのでしょうか。

行動できる自分を作るのに、3つのアドバイス(魔法)を授けます

3つのコツ

・5秒のカウンターを持て!

・鉄は熱いうちに打て!

・スピード狂になれ!

 5秒のカウンターを持て!

人間は「なにか行動を思い立ってから、5秒でやらない理由を探す」と言われています。

なので、思い立ってから5秒たってしまうともう行動することはできません。

私たちは「やらない理由をさがすプロ」ですよね(笑)

脳がやらない理由を見つけ出す前に、思い立ったら「5…4…3…2…1」とカウントし、5秒以内に動き出しましょう。

そして、あなたにメッセージがあります。

「動いている人は動き続けようとする、止まっている人は止まり続ける」

慣性の法則は私たち人間にも当てはまります。

 鉄は熱いうちに打て!

先ほどのモチベーションの波の図を改めて見てみましょう。

モチベーションをコントロールするには、「モチベーションが下がる前に、タスクを習慣化する」必要があります。

図1. モチベーションの時間経過

「鉄は熱いうちに打て」と言いますが、モチベーションが高まっている間に、習慣化してしまえば良いのです。

習慣化するには、「7日間」あれば十分だと思います。

「7日間」必ず、そのタスクをやり抜いてください。そうすれば、それ以降はモチベーションに関係なく、タスクに取り組むことができます。

 スピード狂になれ!

ビジネスは「スピード」が命で、先行者ほど「多くの利益を得るように」できています。

Youtuberの例を見てもわかりますよね。

初めに「稼げる」とか考えずに始めた人が「最も多くの収入」を得ています。

ビジネスチャンスにいちはやく気づき、いちはやく行動できた人がもっとも「先行者利益」の恩恵を受けることができるという真理を覚えておいて下さい。

つまり、さっさとスタートを切ったほうが「良い結果を得られる」ということです。

そして、「ビジネスは10回のチャレンジで1回当たれば良い方」と言われています。

つまり、「うまくいかなくて当然」なんです。

一発でうまくいくように、完璧を極めてから挑戦していると、美味しい蜜のほとんどが先行者に吸われていることを忘れないで下さい。

ブログだって「リライト」するのを前提につくりますし、「動画コンテンツ」も取り直す前提で作成しています。

反応をみてから「ブラッシュアップ」していけば十分なのです。

最後に

過去の私もそうでしたが、「調べるだけ調べて、やらない」ということが何度もありました。

しかし、結局「欲しいものを手にする」には、「やる」しかないんです。

会社員で嫌な仕事を文句を言いながらできているんだから、いとも簡単に、自分の人生を変える仕事を文句を言いながらできるはずです。

そして、最後に「できるかできないかじゃない。やるか、やらないか。」です。

難しいことをいろいろ考えるなら、さっさとやりましょうよ。

ビジネスでは失敗も「コンテンツ」になりますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください