マインドブロックは自分で解除できない!人のご縁で基準値をアップデートしよう

「本当は行動したいのに、作業できない。」「 自分も稼ぎたいのに、作業できない。」誰もが、そんな悩みをもつことがあると思います。

その原因は「マインドブロック」ですが、「マインドブロック」は自分では解除できません。

今回は、マインドブロックを解除して、圧倒的に行動できる自分になる方法について解説していきます。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

マインドブロックとは

マインドブロックとは「メンタル的な要因によって、自分の能力を最大限に活かしきれていない状態」のことを言います。

「心」が能力を発揮する妨げ(さまたげ)となるのです。

マインドブロックは無自覚に持っている「固定概念」「間違った思い込み」とも言えます。

「なんだか自分の能力が発揮しきれていない気がする」そんな時は、無意識にマインドブロックがかかっていないか、自分自身に問いかけてみる必要があるでしょう。

マインドブロックがかかっているか気づく方法

では、マインドブロックがかかっているかは、どのようにして確認できるのでしょうか?

残念なことに、自分でマインドブロックに気づき、自分で解除することは不可能だと思っています。

マインドブロックに気づくためには、「他者との比較」が必ず必要です。

「ノミとコップの話」を聞いたことはありますか?

ノミとコップの話

ノミの体長は「約2ミリ」と非常に小さいですが、30cmも高くジャンプできる跳躍力を持っていると言われています。

つまり、自分の体長の約150倍の高さに飛べるということです。

人間が体長の150倍の跳躍力があったと仮定すると、250mくらいですね(笑)

さて、このノミをガラスのコップに入れたら、どうなると思いますか?

当然、コップの外に出ていきます。

ここで、ガラスのコップにガラスの蓋(ふた)をつける実験をしてみました。

ノミは何度もジャンプをして、外で出ようとしては蓋にぶつかります。

しばらくして、ガラスの蓋を取り除くと、どうなりますか?

ノミはコップの高さまでしかジャンプすることができなくなり、コップの外に出ることができなくなるのです。

この話が語っているのは、「ノミが知らぬ間に、自分自身の限界を自分で決めつけていた」ということです。

私たちもノミと同じように「できない自分」を当たり前と決めつけてしまう可能性があります。

ノミのように「本当はできるんだけど、できていない」ことに気づくには、「本当に30cm飛べるノミがいること」を知らなくてはなりません。

私たちも「自分で作った基準」で過ごすのではなく、「うまく行っている人」の基準値に合わせていくことで「マインドブロック」を外すことができます

「先入観」や「決めつけ」ほど自分を締め付けるものは、ありません。

つまり、「自分と同じことに取り組む他者がいる」環境に身をおくことが「マインドブロックをどんどん壊して、自分を磨いていく」に繋がります。

人のご縁で基準値をアップデートしよう

理想の基準値を教えてくれる環境を手に入れるには、仲間を作る必要があります。

同じような境遇の仲間ができていたら、「きっとあなたにも」できます。 その人が特別ということはありません。

例えば、私自身もブログの更新数で「限界を決めつけていた」ことがありました。

私は、1日に2記事できれば良い方と思って、毎日2記事書いたら自分に満足して過ごしていました。

そんな中でブログで圧倒的な成果を出している人が「1日4記事」書いていたことを知りました。

しかも、私と同じように副業というスタイルで。

その時、私の中の基準値がアップデートされました。 「2記事じゃ、少ないんだ」そう気づいたからです。

同じようなことは他のビジネスコミュニティに入っても、何度もありました。

いつも自分より上をいく作業量をこなす人がいるんです。

初めの頃は、そういった他者と比較して、「自分ができない人間」だとショックを受けたこともありました。

しかし、ショックを受けた所で稼げるわけでもないし、「自分のペース」でやるっていうのは一見、地道にやっている感じがしますが、「言い訳でしかない」とメンターに指摘されました。

結果を出している人には、結果を出す「基準」があります。

逆にいうと、その基準で自分が作業できれば、あなたも「結果を出せる」んです。

もし、同じ時期にあなたと同じようなステージでビジネスをしている人に出会うことができれば、それはとても貴重な「ご縁」だと思います。

ビジネスが競争社会である以上、「ライバル視」をして切磋琢磨していくべきです。

レベルの高い環境に身をおくことが、「自分自身を引き上げてくれる」ことはみなさんご存知のはずです。

だから、プロスポーツの世界でも「海外へ」挑戦する選手は多いわけですよね。 自分を高めたいからです。

自分の周りの5人の平均年収があなたの年収になる

「自分の周りにいる5人の平均収入があなたの収入」という話を聞いたことがありますか。

これは、環境に適応して体を調整する機能である「ホメオスタシス(恒常性維持機能)」が働くせいです。

私たちはホメオスタシスのおかげで、暑い場所にいれば、汗をかいて体温を一定にたもつし、寒い所にいけば筋肉をふるえさせて、熱産生します。

だから、あなたはどこへ行っても「今のあなた」のままであり続けようとします

しかし、このホメオスタシスは非常に厄介で、「集団」においても「一定の状態」を保つように働いてしまいます

個々人の「今のまま」という「現状維持」機能が悪く働いてしまうのです。

あなたが今までと違った意見や考えを言うと、周りからはその意見を否定する答えが返ってきます。

例えば、「ブログで稼ごうと思う」そう今までの友達に言ってみて下さい。

きっと、「何を言ってるんだ」とか「絶対無理でしょw」とか否定的な反応をします。

それは彼らがあなたを否定しようとしているわけではなく、彼らにとっての「常識」を崩されたくないから、あなたを元の場所(彼ら安定した場所)に戻そうとしてしまうのです。

言い換えれば、彼らにとっては、「あなたの存在」が「今までの彼らを一定の状態を保つ」ために邪魔なものになるということです。

もしあなたが変わりたいと思っているなら、「周りの環境」には1番に気を配る必要があります。

彼らはその方法で成功をしたことが無いので、これからあなたが挑戦しようとしている「新常識」も理解できないと思います。

なので、大切な人だからこそ「理解してもらいたい」気持ちは分かりますが、成果を出してから事後報告した方が、友人を失わずに済むかもしれません。

つまり、あなたは今までの環境をいったん捨てて、同じビジネスをしているコミュニティに所属すべきです。

初めは違和感を感じるかもしれませんが、だんだんと「あなたの基準値」が変わってくるはずです。

私もビジネス環境については、自己投資を惜しんでいません。

環境の大切さを知ってからは、自分の何歩も先を歩いている人たちがいる「少数のコアコミュニティ」に所属しています。

コミュニティでかわされる会話の濃度は、めちゃくちゃ濃いですし「はやく追いつきたい」という気持ちが湧いてきて、それが原動力になっています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください