「副業の時間がない」となげくひとへ|時間を2倍に増やす成功者の意識

「副業で稼ごうと思ってもなかなか作業時間がない」という悩みは、多くの人が持つものです。

しかし、「時間に対する意識」を変え、時間管理術を学ぶことで「作業時間」の2倍は確保することができます。

今回は、「副業の時間がない」と嘆くひとに「時間を生み出す方法」をご紹介していきます。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

「副業の時間がない」理由

副業の時間がない理由は、「副業のまま」だからです。

どういうことかというと、あなたの会社員の仕事を「本業」と捉えているからです。

当たり前のことと思うかもしれませんが、成果を出した人はみな「副業」ではじめたビジネスを「本業」レベルで最優先してきました。

「人生は30000日しかない」という有名なスピーチがあります。

これはDropboxを生み出した「ドリュー・ヒューストン」の演説です。

人生を82歳と仮定すると、私たちには「30000日」しかないのです。

ちなみに、27歳でだいたい10000日になります。(人生の3分の1が終了です)

つまり、54歳で20000日ですね。

あなたの人生は「あと何日」残されていますか?

私たちは「時間は永遠にあるもの」と捉えがちです。

しかし、私たちの持っているモノの中でもっとも「価値のある」ものは「時間」なのです。

それだけ貴重な時間を「他人のビジネス」と「自分のビジネス」のどちらに多くかけるべきかは、簡単に答えが出るものです。

2012年に発刊された「死ぬ瞬間の5つの後悔」という本には、「人が死ぬ時に後悔すること」が書かれています。

1. I wish I ‘d had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.
(他人が期待する人生じゃなくて、自分に正直に人生を生きる勇気をもてば良かった)

2. I wish I hadn’t worked so hard
(あんなに仕事ばかりするんじゃなかった)

3. I wish I’d had the courage to express my feelings
(自分の思ったことを表現する勇気を出せば良かった)

4. I wish i had stayed in touch with my friends
(旧友と連絡を取り続けていれば良かった)

5. I wish I had let myself be happier
(自分をもっと幸せにしてあげれば良かった)

そして、いくら「他人のビジネス」を頑張ったところで、あなたの老後の面倒を見てくれるわけではありません。

これからの時代は、特別なひとでなくても、「稼ぐチカラ」を身に着け、「資産を運用」していかなくては生きていけません。

私たちは、レバレッジの効くビジネスに取り組むことで、経済的に豊かさと時間的な豊かさを手にすることができます。

30000日のうちの多くの時間を「意義のある」時間にするために、まずは100日程度だけでも、副業に打ち込めば良いのです。

時間を生み出すポイント

人生は30000日しかない。「副業」を最優先にしよう。

副業の時間を2倍に増やすには|時間の価値を知る

「あなたの個人ビジネス(副業)」を最優先にする意識をもつだけでも、飛躍的に作業にかけられる時間は増加します。

しかし、いまの2倍の時間を生み出すには、もう少し「コツ」がいります。

まずは「インプットとアウトプット」の時間配分を変えることです。

家での作業時間の全てをアウトプットの時間にすることで、いち早く成果を手にすることができます。

具体的な方法については、以下の記事をご参考にしてください。

参考:インプットとアウトプットの最適なバランスは?勉強とビジネスは違う

そして、時間を2倍以上に増やすには「他人の時間」をお金で買うという方法があります。

「人生は、300年あれば誰でも成功できる」とも言われています。

300年あれば、何度も試行錯誤ができるからです。

少し乱暴な言い方ですが、私たちも他人の時間を220時間買えば、必ず成功できるというわけです。

世の中には「限りがあるモノ」の方が「あふれているモノ」よりも当然価値がありますよね?

その辺に転がっている石よりも、ダイヤモンドの方が価値が高いです。

私たちの時間は「限りがあるモノ」であり、「お金」は世の中に無限にあるものです。

つまり、「お金」よりも「時間」の方が圧倒的に価値が高いのです。

また逆説的に考えると、「時間を生み出すものは、お金を生み出す」ということです。

例えば、夜行バスよりも飛行機の方が値段が高いですよね?私の住む場所から、東京まで飛行機で行けば1時間ですが、夜行バスに乗れば8時間かかります。

そして値段は、飛行機が2万円でバスが5000円です。飛行機は時間を生み出しているので、その分だけ「価値が高い」のです。

つまり、まずは「お金を使って他人の時間とスキルを買う」、そして最短で「時間を生み出せるビジネスを作り、必要なだけお金を得る」ということが可能なのです。

ここでご紹介した「投資意識」をもつだけで、無駄な時間を浪費することなく、また他人の時間を買って、時間を増やすことさえできるようになります。

他人の時間を買うと言っても、人を雇うわけでなく、「専門的なコンサルティングやスキル」に投資して、ゼロから自分でやった場合にかかる時間を節約するなどです。

2倍に増やすポイント

「時間は有限、お金は無限。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください