好きを仕事にする方法|ワーク・ライク(Like)バランスのとれた働き方を目指そう

「好きなことを仕事にしたい」と思っても何からすればいいのかわからない。

そもそも仕事にできるような好きなこともないという方に「好きを仕事にする方法」をご紹介していきます。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

「好き」なことを考えるバカ

成功するために「好きなことを仕事にしよう」とうたっている自己啓発本などが巷には多くあります。

しかし、そういった本を読んで「好きなことに気が付き、生活できるだけの収入を得ることができたひと」はどれほどいるのでしょうか。

そもそも「好きな仕事」って探すものなのでしょうか?

「好き」って頭を悩まして考えるものではなく、「湧いてくる」ものだと思います。

恋愛で考えても同じですよね?わざわざ頭を使って、好きかどうか?なんて考えません。

私たちは、ある時「好き」という感情にふと気づくのです。

すごく当たり前のことなのに、「好き」を考えているひとがたくさんいます。

「幼少期時代に好きだったことを思い出す」という方法がありますが、これは「昔好きだった彼氏に似ている人を思い出す」ことで、「いま好きな人を探す」方法ですよ。

「好きなことを仕事にする」の定義を見直そう

私は、4年間の会社員生活で1つだけ自分の才能に気が付くことができました。

それは「どんな仕事も好きになれる」自信です。

どんな仕事でもその仕事を突き詰めてやることで「面白さ」が分かります。

「好きを仕事にする方法」には、「好きな仕事を探す」以外に「就いた仕事を好きになる」という方法もあるのです。

そして、好きになれるように一生懸命取り組んでいると、あなたが「面白い」と感じる部分に「ある共通点」が見えてくるのです。

例えば、私は「スタートからゴールにたどり着くまでの道のり」を考えて実行することが好きです。

与えられたミッションの達成方法は何通りもあるけど、その中で「いかに効率的にできるか」考えて、取り組んでみるのです。

結果的には、「別の方法の方が良かったな」と思うことも何度もありましたが、その気付きが自分の経験値になっていきました。

簡単にいうと、「実験好き」ですね(笑)

私の場合は、「実験(試行錯誤)」という要素があることで楽しく仕事ができるとわかりました。

だからこそ、「わびさびサロン」を立ち上げ、ビジネスを通して「試行錯誤」を繰り返す居場所を作るに至りました。

ビジネスは「10回やって1回当たれば良い方」と言われており、これほど「試行錯誤」が必要な仕事はありません。雇われて「小さな箱」の中で試行錯誤するのではなく、自分の人生そのものを使って「実験」してみようと思ったのです。

そして、私と同じように「好奇心旺盛」で実験好きな「仲間」と一緒に、人生を楽しめることほど幸せなことはないと思っています。

さて、あなたにとって仕事の中で「楽しく感じる」部分はどこですか?

思いつかない場合は、「つまらない」「気持ちが乗らない」部分を考えると見えてきます。

例えば、私は「工夫を必要としない単純作業を長時間繰り返すこと」が最も苦痛でした。ひたすらデータを拾っていくとか、何百枚の文書を決められた順番でファイリングするとかですね。

一方で、全く面識もないひとに営業するような仕事は好きでした。

人によっては、私と真逆な性質の方も多いと思います。

「好き」を考えるのではなく、「仕事の中で感じていること」を一度整理してみましょう。

好きなことで稼ぐ必要はあるのか

「好きなことを仕事にする」ということは、「好きなことを活かして、お金を稼ぐ」ということです。

しかし、そもそもあなたが望んいでいるのは「好きなことで稼ぐ」ことなのでしょうか?

それとも、「好きなことに没頭できる時間」を望んでいるのでしょうか?

「好きなことを仕事にしよう」とすると、ある弊害が生じます。

それは「仕事になることしか、好きになってはいけない」といった思い込みです。

「好きなこと」を見つけても、「ああ、これはお金にならないから」と判断してしまうのです。

私は、「どんな仕事も好きになることができる」ので、まずは「金銭的・時間的な豊かさを手に入れつつ、好きなことにたくさん出会える人生」を送りたいと思っています。

あなたは今、下の図でどこにいますか?

「好きなことをやっていれば、お金も必要ないし、身につけるものも食べるものもどうでもいい」こんなふうに「好きなことだけに没頭できる」のは左下の「一部の天才」だけです。

彼らは、いずれ「金銭的な豊かさ」も手にすることでしょう。そして、多くの自己啓発本が勧めている「成功ルート」はこれです。

まず「好きなこと」に没頭しよう、結果は後からついてくるといった考えで、私はこれを「達人ルート」と名付けました。

これは全く正解だと思います。

でも、私と同じく多くの人が「好きなこと」だけを追求することはできません。

そもそも「好きなこと」を探しているようなひとには、無理な話です。

そこで、おすすめしたいのが「成金ルート」です。成金といっても「大金持ち」になる必要はありません。

あなたが好きなことをする時間を十分に確保できる程度の「収入」をレバレッジビジネスに取り組み、効率的に稼ぐ。生活の不安もないし、好きなことにも没頭できる。

それが私の理想のライフスタイルです。

つまり、「好きなことで稼ぐ」のではなく、効率的に稼いで「好きな時間」を多くもつ生き方で良いのではないでしょうか?

これからは「ワーク・ライフバランス」ではなく、「ワーク・ライク(Like)バランス」を大切にしていきましょう

「自分にあった稼ぎ方」はない

好きな時間んを確保するライフスタイルを送るために、様々なレバレッジビジネスがありますが、「あなたにあった稼ぎ方は存在しない」ことを前提に、取り組んでいって下さい。

よく、すぐに結果が出ないからといって「この稼ぎ方は自分には向いていない」と判断し、すぐに次のビジネスに取り組むひとがいます。

「ブログ」や「Youtube」などのマネタイズは、かなり再現性が高い「ノウハウ」が多く存在しています。

「ノウハウ通り」に実践してもいないのに、別の方法に目移りしていては、いっこうに成果がでることはありません。

「自分にあった稼ぎ方」を探すというのは、「いまの稼げない自分」に合う「稼ぎ方」を探していることになります。

それは、おかしいですよね(笑)

「稼げないあなた」が「再現性の高いノウハウ」に合わせていくのです。

例外的に、スキルもノウハウも何もなくても「自己アフィリエイト」なら単発で稼げますが。

参考:【自己アフィリエイト】やり方とデメリット|やらなきゃ損!?

継続的に稼いでいくのであれば、「再現性の高いノウハウ」を体に染み込むまで何度も叩き込み、必要な作業量をしっかりこなす必要があります。

したがって、「稼ぎ方」を選ぶ時は、もちろん直感で選んで構いませんが、一度決めたものは「ある程度の結果がでるまで」継続することをおすすめします。

正しい方向性で継続できれば、必ず結果は後からついてきます。

もし、ブログマネタイズに興味があるのであれば、「わびさびサロン」は継続的に実践していく環境をご用意しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください