goodkeywordの使い方|無料の関連キーワード取得ツールで効果的な記事タイトルを付けよう

SEOを意識したブログ記事のタイトル付けを行うには、検索エンジンでセットで検索される「関連キーワード」を盛り込む必要があります。

関連キーワードを効果的にタイトルに取り入れることで、検索エンジンの上位表示が可能になり、結果的に検索エンジンからのアクセス数を増やすことに繋がります。

今回は、関連キーワードを無料で取得できるツールである「goodkeyword(グッドキーワード)」の使い方と「グッドキーワードを使ったブログ記事タイトルの付け方」をご紹介していきます。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

関連キーワードとは何か

関連キーワードとは、「ある特定のキーワードに関連する複数のキーワードの組み合わせ」のことです。

キーワードとは

ここで言う「キーワード」とは、検索エンジンで検索される「単語」のことです。

検索エンジンで調べごとをする検索ユーザーは、知りたいことの「キーワード」を検索エンジンに入力します。

最も検索される頻度の多いキーワードは1語のみでの検索ですが、知りたいことが明確であるほど「2語」や「3語」のキーワードを検索窓に入力するものではないでしょうか。

例えば、「ブログの書き方が知りたい」なら「ブログ+書き方」の2語で検索するし、「2020年の東京オリンピックのバスケットボールの会場が知りたい」なら「東京五輪+バスケ+会場」と3語で検索しますよね。

このように、具体的に知りたいことが明確な検索者の検索意図を知ることができれば、需要のある「検索ワード」をブログタイトルに盛り込むことができますし、結果的に多くのアクセスを集める記事を書くことができます。

つまり、「関連キーワード」を取得できれば、検索ユーザーの検索需要を事前に知ることができるということです。

このような理由から多くのブロガーやサイトアフィリエイターと呼ばれる人たちは、関連キーワードを取得してブログの記事タイトルを決めています。

なぜブログタイトルにキーワードを盛り込むのか

検索エンジンは、検索ワード(キーワード)が多く含まれるブログタイトルを上位表示する傾向にあるからです。

関連キーワードを取得するのはどんなとき?

関連キーワードを取得するタイミングは、「書きたいテーマを決めたあと」です。

むやみやたらに、関連キーワードツールを使うのではなく、「テーマ」を決めたあとで使うということです。

例えば、「ブログのタイトルの付け方」をテーマに記事を書くと決めたとします。

その後で、「関連キーワードツール」を使って「ブログタイトル」と関連性があって、一緒に検索されるキーワードがないかどうか「関連キーワードツール」を利用することになります。

「Googleサジェスト」と呼ばれる「Googleの予測検索ワード」を利用することでも、「関連キーワード」を取得することができますが、「goodkeyword」を利用すれば、すべての「関連キーワード」をまとめて知ることができます

Googleサジェストとは

Googleサジェストとは、「Googleの検索エンジンに単語を入力したときに自動で表示される関連キーワード」のことです。

例.「ブログ+タイトル」で検索すると「頻繁にまとめて検索されている関連キーワード」が自動で表示されます。

関連キーワード取得ツール「goodkeyword」の効果的な使い方

ブログへのアクセスの流入を増やしていくためには、効果的なブログタイトルの付け方が需要ですが、特に大切なのが「タイトルにどんなキーワードを入れるか」という問題です。

もちろん、「目を引くタイトル」を意識して付けることも重要ですが、何よりも優先事項は「検索されるキーワードを盛り込むこと」です。

次に大切なことが「その関連キーワードを使っているサイトやブログが他にどれだけあるか?」ということです。

つまり、「効果的なブログタイトルの付け方」は、「関連キーワードをリサーチ」して「ライバルを確認する(ライバルチェックやライバルリサーチと言います)」ということになります。

ここからは、「ブログのタイトルの付け方」をテーマに記事を書くと仮定して、「goodkyeword」を使ってブログタイトルを付けていく方法を解説していきます。

関連キーワードをリサーチする

まずは「goodkyeword」にアクセスして、検索窓に「ブログ タイトル」と入力します。

ブログの記事にできそうな関連キーワードを選びます。

今回は「ブログ タイトル 付け方」にします。

横にある「G」ボタンを押すことで、該当キーワードでGoogleで検索した画面が表示されます。

ライバルをリサーチする(ライバルチェック)

「ブログ タイトル 付け方」横にある「G」ボタンを押すと、Googleの検索画面が開きました。

ライバルチェックのコツは「検索ワードが含まれるブログタイトルがどれだけあるか?」確認することです。

今回は調べたところ上から10個ともすべてに「ブログ タイトル 付け方」の3語が入っていました。

この段階で「ブログ タイトル 付け方」の3語が入っているサイトが少なければ、その3語のキーワードを使って、さっそく記事を書いていって問題ありません。

ところが、使おうと思ったキーワードを使っているライバルが多いことがほとんどです。

その場合は、「検索1ページ目に表示されているサイト(ライバル)に勝てそうかどうか?」という視点で「このキーワードで勝負するかどうか」を決めます。

「ライバルに勝てそうかどうか決めるポイント」は「個人のサイトか、大手のニュースサイトやキュレーションサイトか」、「文字数はどのくらいか」などです。

他にもありますが、今回はこの2つを覚えてください。

ライバルたちが私たちと同じような個人のサイトであれば、勝てる可能性がありますが、大手のサイトの場合はそもそものドメインパワーで勝ち目がないので、勝負しないことです。

ドメインパワーとは

ドメインパワーとはドメインの持っている「検索エンジンで上位表示しやすさ」です。

「古く運営歴が長いドメイン」や「記事数やアクセス数が多いドメイン」などはドメインパワーが強い傾向にあります。

ライバルが個人サイトだった場合は、そのライバルサイト以上に「多い文字数」で「より詳しい記事を書くことができるか」で勝負するか判断します。

勝負する場合は、かなりの労力がかかりますので、「その労力をかけて戦うか、ライバルがそもそもいないようなキーワードを探すか」を天秤にかけて判断することになります。

正直なところ、「ライバルに勝つよりも、ライバル不在のキーワードを探す方が簡単」だと私は思います。

最後に

今回は「goodkeyword」の使い方と「goodkeyword」を使ったライバルチェックや記事タイトルの付け方について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

ブログ開始当初はライバルに勝つライティングをするのは、非常にハードルが高いので、ライバルレスなキーワードを根気強く探していくことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください