【キーワード選定】初心者から使える「虫眼鏡とサジェスト」の使い方

ブログ初心者の方でも「キーワード選定が大切」という話を聞いたことがあると思います。「キーワード選定」には少しコツがありますが、初心者でも誰でも使える「虫眼鏡・サジェスト」をきちんと使いこなせることがSEOを意識したタイトルづけ(キーワード選定)の第一歩になります。

今回は、初心者でもキーワード選定に使える「虫眼鏡とサジェスト」の使い方について解説していきます。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

キーワード選定ってなに

「キーワード選定」とは「ブログ記事タイトルに入れるキーワードを選ぶ作業」のことを言います。SEO対策の基本であり、「キーワード選定」を間違えると、「アクセスが全く来ない」こともありえます。

また「キーワード選定」によってブログの内容(コンテンツ)が変わってしまうこともあります。

その「キーワード選定」の最も基礎的な方法が今回のテーマである「虫眼鏡・サジェスト」を活用することです。

虫眼鏡・サジェストとは

虫眼鏡は「Yahoo!(ヤフー)」の検索窓に自動で表示される「検索ワードの組み合わせ」のことです。

同様に、サジェストとは「Googleエンジン」の検索窓に自動で表示される「ワードのつらなり」のことを言います。

実際に検索画面で「特定のキーワード」を入力すると、次のような表示がでてきますよね。

ここで基本的なSEOの知識となりますが、「検索エンジン」は「検索されたキーワード」を多く含むタイトルの記事を上位表示する傾向にあります。

例えば、「福山雅治+愛車」と調べた場合は、当然ですが「福山雅治の愛車は・・・」みたいなタイトルが検索結果の上位に表示されます。

なぜかというと、検索エンジンは「検索者が検索したワードに関連するサイトを表示」するようにできているからです。

「福山雅治+愛車」と調べたら、どう間違っても「福山雅治の好物はカレーライス・・・」みたいなタイトルの記事が表示されることはないですよね(笑)

そして、「虫眼鏡やサジェスト」はよく検索される「検索ワード」の組み合わせとして表示されるものですから、この「キーワード」をタイトルに入れることによって、「検索需要のあるキーワード」の検索結果として「自分のサイト」を表示させることができるのです。

もちろん、その他にもSEO対策として必要な考え方やテクニックはありますが、SEOの基本は「キーワード」と覚えておいてください。

ここまでの「虫眼鏡」と「サジェスト」の要点をまとめると次のとおりです。

過去に検索された回数が多いキーワードが自動生成される「キーワードの組み合わせ」

初心者でもベテランでも誰でも「検索需要のあるキーワード」を入手できる

まずは最初に身につけるべき基礎的な「リサーチスキル」

虫眼鏡とサジェストに関連してもう一つ覚えてほしいことがあります。

それは、「虫眼鏡やサジェスト」が検索者(ユーザー)の検索行動を誘導するということです。

 

ポイント

ユーザーは意外と「なんとなく」検索する生き物。

虫眼鏡・サジェストに検索が誘導されるひとも多い。

虫眼鏡・サジェストはなぜ使うべきなのか

虫眼鏡やサジェストは「キーワード選定」における最も基礎的なやり方ということがわかりましたが、なぜ積極的に使うべきなのか、その理由は2つあります。

検索需要の大きなキーワードを誰でも調べられる

虫眼鏡やサジェストは「よく検索されるワードの組み合わせ」であり、虫眼鏡やサジェストによって検索行動を誘導される「検索者」も多いということがわかりました。

つまり、虫眼鏡やサジェストのキーワードの組み合わせは「検索需要(検索ボリューム)」が大きなキーワードであるということです。

そして、その「検索需要」のあるキーワードを誰でも簡単に(無料で)調べることができるのが「虫眼鏡・サジェスト」なんです。

一方で、誰でも調べられる分、それだけそのキーワードを狙っている「ライバルも多い」というデメリットもあります。

検索キーワードの傾向を学べる

虫眼鏡やサジェストを見ていると、「こんなキーワードで検索するの!?」なんてものもあります。

このような「驚き」があるうちは、「実際の検索ユーザーの検索思考」とあなたが想像する「検索ワード」に乖離があるということです。

こうした「検索者の検索方法(キーワードのチョイスや検索の仕方)」をすり合わせていき、まだ「虫眼鏡やサジェスト」が生成される前に「こういうキーワードで調べるだろう」と予想できるようになると、ライバルたちを出し抜くことができます。

初心者から使える「虫眼鏡とサジェスト」の使い方

初心者からベテランまで使っている「虫眼鏡とサジェスト」機能ですが、基本的な使い方をここでは解説していきます。

今回紹介する3ステップが基本的な考え方になりますので、「キーワード選定がうまくできないとき」にはこの3ステップに立ち返るようにしましょう。

1,キーワードは「網羅的に」リサーチする

網羅的とは「すべて拾う」ということです。

「虫眼鏡とサジェストを使っても、いまいちキーワード選定ができません」という方がいますが、きちんと「網羅的に」リサーチしているでしょうか。

キーワード選定で「上位表示できるか決まる」といっても過言ではないので、「ちょっと調べて終わり」はやめましょう。

泥臭くても「全部調べてやる!」くらいの気迫でリサーチすれば、必ず誰も気づいていない「スキマ」が見つかるはずですよ。

ちなみに、「関連キーワード」をまとめて検索できるツールもあります。

ヤフーの虫眼鏡は「アナログで」リサーチするしかないのですが、Googleなら「goodkeyword」を使うと便利です。使い方は、以下の記事を参考にしてください。

goodkeywordの使い方|無料の関連キーワード取得ツールで効果的な記事タイトルを付けよう

2,複合キーワードに注目する

複合キーワードとは「キーワードの組み合わせが、2語・3語・4語」の虫眼鏡・サジェストのことを言います。

複合キーワードが増えるほど、ライバルは少なくなっていきます。

もちろん、その分だけ検索需要(検索される数)も少なくなってしまうのですが、まずは「ニッチなところで1番になること」が重要です。

3,ライバルチェック(ライバルリサーチ)する

ライバルチェックのコツは「検索ワードが含まれるブログタイトルがどれだけあるか?」確認することです。

例えば、「ブログ タイトル 付け方」という「キーワード選定」をしたとします。

実際にそのキーワードを検索窓に入力して調べてみると、上から10記事ともすべてに「ブログ タイトル 付け方」の3語が入っていました。

もし、「ブログ タイトル 付け方」の3語が入っているサイトが少なければ、ライバルリサーチは終了です。

その3語のキーワードを使って、さっそく記事を書いていきましょう。

ところが、使おうと思ったキーワードが既に他のサイトに使われているケースも多いと思います。

その場合は、「検索1ページ目に表示されているサイト(ライバル)に勝てそうかどうか?」という視点で「このキーワードで勝負するかどうか」を決めます。

「ライバルに勝てそうかどうか決めるポイント」は「個人のサイトか、大手のニュースサイトやキュレーションサイトか」、「文字数はどのくらいか」などです。

他にもありますが、今回はこの2つを覚えてください。

ライバルたちが私たちと同じような個人サイトであれば、勝てる可能性がありますが、大手サイトの場合はそもそものドメインパワーで勝ち目がないので、勝負しないことです。

ドメインパワーとは

ドメインパワーとはドメインの持っている「検索エンジンで上位表示しやすさ」です。

「古く運営歴が長いドメイン」や「記事数やアクセス数が多いドメイン」などはドメインパワーが強い傾向にあります。

ライバルが個人サイトだった場合は、そのライバルサイト以上に「多い文字数」で「より詳しい記事を書くことができるか」で勝負するか判断します。

勝負する場合は、かなりの労力がかかりますので、「その労力をかけて戦うか、ライバルがそもそもいないようなキーワードを探すか」を天秤にかけて判断することになります。

参考:【ブログ】ライバルリサーチのやり方|上位表示を獲得する基本戦略

正直なところ、ブログ初期は「ライバルに勝つよりも、ライバル不在のキーワードを探す方が簡単」だと思いますので、再度「虫眼鏡やサジェスト」を使って網羅的にキーワードを探していくことになります。

最後に

今回は初心者でも使える「虫眼鏡・サジェスト」の使い方について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

「虫眼鏡・サジェスト」で選定できるキーワードは「ライバルが多く、そのライバルも強い」ことが多々あります。

ブログ初心者は「ライバルの少ないキーワード」を狙っていくといいですが、その時のポイントは「必ずスキマがある」と信じて網羅的にリサーチすることです。

ちょっとリサーチして見つけられるようなキーワードは当然、誰でも見つけられますから、リサーチに労力を惜しまず、徹底リサーチを心がけましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください