【超初心者向け】SEO対策の基本を学ぼう|難しく考えたら負け

ブログを始めるとよく耳にするようになる言葉に「SEO対策」というものがあります。何となくその重要性は分かるけど、イマイチSEO対策が分からないという方を対象に、超初心者でも理解できる「SEO対策の基本」について解説していきます。

動画では、SEO対策の基本知識とコンテツファーストの時代を生き抜く「独自コンテンツ」を作る考え方について、詳しくお話しています。

松岡幸助

こんにちは、松岡幸助です。

なぜ私が在宅ワークで、夫婦仲良く楽しめるこんなライフスタイルを送れているのか?

 

期間限定で、私が自由なライフスタイルを手に入れた方法について特別公開しているので、ぜひ見ていってくださいね。

SEO対策ってなに

SEO対策とは、「検索エンジン上で、できるだけ上の方に自分の記事を表示してもらうためにやること」です。

検索エンジンで「キーワードを検索窓に入力」すると、下の画像のように表示されます。

最上部の領域は広告の領域なので、SEOとは関係ありません。

赤枠で囲われた部分がSEO対策の領域です。

検索エンジンは、「検索されたキーワード」を含むページの中で、上から順番に「Googleから評価されているページ」が並ぶようになっています。

SEO対策に望む姿勢|難しく考えたら負け

あなたも「ブログで稼ぐには、SEO対策が大切」と聞いたことがあるでしょう。

それは、SEO対策で上位表示できれば、それだけ「アクセスを集めること」ができるからです。

アクセスを集めること(Web集客と呼びます)によって、それだけ【売上】が上がるからです。

だから、誰もが血眼(ちまなこ)になって必死に「SEO…SEO…」と口うるさく言っているのです。

しかし、「SEO対策」と聞くとなんだか難しそうに感じますが、まったく難しく考える必要はありません。

どれだけ小難しいことを言っている人でも共通した、SEO対策の結論があります。

それは「コンテンツの質を高めよう」ということです。

おかしな話ですが、SEO対策を難しく考えすぎて「コンテンツの質」が逆に下がってしまうケースもあります。

例えば、「タイトルの左側に検索ワードを盛り込もう!」と意識しすぎて、おかしな日本語の記事タイトルになってしまうようなケースです(初心者にありがち)。

では、「コンテンツファースト」だけ意識して記事を書いていけばいいかと言うと、それも極端な話です。

なぜなら、「コンテンツの質」を考える前に、SEO対策では知っておくべき「基本ルール(作法)」があるからです。

その「ルール」は囲碁の世界で言うなら「定石」を守ることです。

定石(じょうせき)

囲碁で、昔から研究されてきて最善とされる、きまった石の打ち方

定石という言葉を使ったのは、SEO対策にも「昔から研究されてきて最善とされる」方法があるからです。

つまり、ブログを運営するなら「これはあたりまえに知っておこうね」というルールを覚えて、1つずつ実行していくことが、SEO対策の基本となります。

これからご紹介する「SEOの内部対策」を1つずつ理解して取り組んでいきましょう。

SEO対策における「内部対策」と「外部対策」

SEO対策には、大きく分けて「内部対策」と「外部対策」の2つがあります。

内部対策とは、「SEOを意識したコンテンツの作り方」と言い換えられます。

一方で、外部対策を語るときに1番のテーマとなるのは「被リンク」です。

数年前には、「被リンクされていること」がSEO対策における王道的手法であり、「自作自演の被リンク」が横行する事態になりました。

ところが、2016年の検索エンジンのアルゴリズムの変更により、これらの「意図的な被リンク」を行ったサイトは検索順位の圏外に飛ばされました(パンダアップデートと呼ばれています)。

Googleの「検索エンジンのアルゴリズム」は日々改善されており、現在では「まっとうにコンテンツの質」を追求することが、最も重要なSEO対策となりました。

つまり、外部対策(被リンク)はコンテンツの質を追求した結果の恩恵であり、私たちは次にご紹介する内部対策に力を入れていく必要があります。

内部対策については、「コンテンツの質を意識すること」は大前提として、「最低限やるべき基礎対策」を初めに学んで頂きます。

その基礎を理解した上で、「コンテンツの質を高める」ために重要な「マインド(意識)」について、解説していきます。

最低限やるべき基礎対策|この5つはやろう

ここからは、「最低限のSEO対策」として「これだけは認識しておこう」という基礎レベルの内容を5つご紹介していきます。

もし取り組んでいないものがあったら、すぐにでも「あなたの中のあたりまえ」にしてください。

タイトルにおけるSEO対策

「記事タイトルにSEOキーワードを入れる」ことは、基本中の基本です。

なぜなら、検索エンジンは「検索ワード」の含む記事タイトルが関連性の高いページと見なす傾向があるからです。

そして、その検索ワードは「タイトル文の前の方(左側)に入れる」のが基本と言われています。

しかし、「左側」を意識しすぎると「変な日本語文」になることもしばしばですので、「日本語として成立すること」を第一に考えた上で、「検索ワード」を盛り込むようにしましょう。

見出しタグの構造を正しく使う|h1~h5タグの付け方

「見出しタグ」の構造を正しく使うこともSEO対策の基本です。

「見出しタグ」は「検索エンジンに文章構造を正しく伝えるための信号」であり、読者の「読みやすさ」にも繋がる重要な要素です。

見出しタグは、<h1>~<h5>の順で文章が階層構造になっていることを示す記号と言えます。

つまり、<h3>タグを飛ばして<h2>タグの次に<h4>タグを付けてはいけません。

あるいは、<h3>タグ→<h2>タグ→<h4>タグのような順番もありえません。

ワードプレスのビジュアルエディタモードに当てはめると、それぞれ以下のように<見出しタグ>が該当します。

この構造のルール「大きいテーマから小さいテーマへ」を守らずに、「文字の大きさ」などで「見出しタグ」を好き勝手に選んではいけません。

引用タグをきちんと使う:コピーコンテンツとみなされないために

Googleは「独自性のあるコンテンツを好む」傾向があるため、「引用」はしてはいけないと考えるのは間違いです。

信用性の高いデータなどを「引用」することで、あなたの伝えたい考えの根拠を示すことができます。

しかし、「独自性」をきちんと認識してもらうためには、「引用部分」を明らかに示すことが重要です

「引用=悪」ではなく「引用部分を明確にする」ことを意識してください。

もちろん、引用だらけのコンテンツは低品質とみなされますのでご注意を。

クローラー向け対策:sitemap.xmlをサーチコンソールに送信

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)にサイトマップを送信することで、あなたのサイトの更新情報をクローラーに見つけてもらいやすくすることができます。

必ずブログを立ち上げたら、設定しておきましょう。

プラグインを使った簡単なやり方については、以下の記事でご紹介しています。

参考:【サーチコンソール】サイトマップ送信のやり方|Google XML Sitemapで簡単に

できる人ほど、きちんと設定しています。

本文に違和感のない範囲で「キーワード」を盛り込む

本文においても「検索ワード」を盛り込むことでSEO対策になると言われています。

「検索ワード」の「出現率」が高いほうが、より関連性の高いコンテンツとみなしてもらえるという考え方です。

ただし、必要以上に「検索ワード」を盛り込みすぎると、場合によっては「スパムサイト」やユーザビリティが低いコンテンツとみなされますので、ご注意ください。

過度なSEO対策は、かえって事態を悪くすると覚えておきましょう。

また、指示語(主語)を「検索ワード」に置き換えることで自然に検索ワードを盛り込むことができます。

実際、「主語を明確にする」という意識だけで、検索ワードを盛り込む対策については十分かと思います。

例えば、「彼は…」とか「それは」とか指示語ばかりの文章だと、読者が「どれが?」といちいち困惑します。

同じ主語で始まる文章が何度も繰り返えされるのも、それはそれで鬱陶しいので、バランス感覚が重要ですね。

こればっかりは、感覚的なものも大きいため、文章のうまい人のブログを読むなど「インプットの質」を高めていくと、自然と身についていけると思います。

コンテンツ作成における大切な意識

ここからは、ブログ記事を投稿して、読者に喜ばれる「メディア」を作っていく上で大切な考えについて、ご紹介していきます。

「ユーザーに喜ばれるコンテンツ作成」を追求することで、結果的にSEO効果が現れてきます。

ユーザーの求める情報はなにか

ユーザーの求めているものは、一体なんでしょうか?

「検索」という行動レベルでは、「知りたい情報を知る」ことが大前提です。

「知りたい情報が書かれている」のは当たり前として、「あなたがその情報を届ける」意義は何でしょうか?

「あなただからこそできる情報の届け方」を見つめ直すことが大切です。

例えば、「ひと目でイメージが付きやすいようにイラスト画像を作って載せてみる」とか、「黒字だけだと、読みづらいから文字装飾する」とかアイデアは色々と思いつくはずです。

結局は、「読み手」にどんなサービスができるか追求することが重要。

ブログの性質上、どうしても「読者の顔」は想像しづらいですが、「お年寄りと子供への話しかけ方」が異なるように、「相手によって使う言葉を変える」こともできます。

もちろん「明確な答え」というのは、ありません。

ただ、「このキーワードで検索する人はどんな悩みを抱えているのか?」「どんなテンションで検索しているのか?」想像することを習慣化していくことで、自然と「コンテンツの質」が評価されていくことでしょう。

独自コンテンツを意識する

「独自コンテンツ」を作ることを意識する上で重要な視点が、2つあります。

・「どうすれば伝わりやすいか」

・「ユーザーに興味を持って書く」

1つ目は、前項の「検索ユーザーが求めるものは何か?」「どうすれば伝わりやすいか」を考えることです。

「自分らしさ」とは「自分勝手な文章を書く」ことではなく、「情報の渡し方を自分なりに工夫」することです。

「どうすれば伝わりやすいか」を考えぬくことで、伝わりやすい順序や例えが思いつくものです。

そして、2つ目は「ユーザーに興味を持って書く」ことです。

ブログを「一方通行の情報伝達」ではなく、「著者と読者のコミュニケーション」と考えてみてください。

「検索行動」が「悩みの解決策を知りたい」と仮定した場合、それは「検索エンジンに相談」しているようなものだと思います。

「検索エンジン」が総合窓口で、悩みを持ってやって来た人に、それぞれの「担当者(専門家)」を紹介しているのです。

総合窓口では、「その悩み」をもっとも解決できそうな順番に担当者を紹介していきますが、どの担当者(サイト)を訪れるか決めるのは、読者自身です。

あなたが悩みを抱えていたとしたら、「自分の悩みに親身になってくれる担当者」の方が絶対良いですよね?

「ありふれた情報をまとめるだけ」の記事がほとんどですから、あなたが親身にユーザーの検索目的に「興味を持って」記事を書くことができれば、それだけで他と差別化することができます。

つまり、「読者の悩みに親身に寄り添う」ことがあなたにしかできないこと(独自性)になっていくのです。

まとめ:【超・初心者向け】SEO対策の基本を学ぼう|難しく考えたら負け

今回は、SEO対策の基本知識と具体的に取り組むべき対策についてご紹介しました。

SEO対策は突き詰めると、「ユーザーファースト」「コンテンツの質」という結論にいきつきます。

それは「ブログを書いていく上でもっとも基本的な考え」です。

ですから、SEO対策を難しく考えるのではなく、ブログの先にいる読者へ情報を届けることに「あなたなりの自負(プライド)」を見出していくことが大切です。

あなたのブログは誰のものでもなく、あなたのものなので、あなたなりに「ユーザーに寄り添った」コンテンツ作りをしていっていください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください